Loading...

目的と使いみちについて

現在、ふるさと納税によって生じる寄附者と地域の関わりは、「寄附をしてお礼の品をもらうだけ」というものがほとんどです。

この仕組みであっても、寄附者は希望の品を入手できたり、節税になったりといった利点はあります。加えて、地域にはたくさんの寄附金が集まり、財政が潤います。

ただ、関わりとしては一般的なオンラインショッピングとあまり変わりません。

そうではなく、少し手を加えることで、寄附者も地域も今より充実した関わりが作れるのではないかと考えました。

ふるさと納税という寄附を介して、地域や日本の未来に貢献しているという実感がもっと得られる。

「応援したい」「興味がある」と思う地域ともっと親密に関わる入口となる。

そんな仕組みをつくりたくて、「厚真町と暮らす ふるさと納税特設サイト」を開始しました。

新しい取り組みのような言い方をしていますが、これは、ふるさと納税の本来の理念に立ち返ることでたどり着いた取り組みです。

ふるさと納税における3つの大きな意義

第一に、納税者が寄附先を選択する制度であり、選択するからこそ、その使われ方を考えるきっかけとなる制度であること。

それは、税に対する意識が高まり、納税の大切さを自分ごととしてとらえる貴重な機会になります。

第二に、生まれ故郷はもちろん、お世話になった地域に、これから応援したい地域へも力になれる制度であること。

それは、人を育て、自然を守る、地方の環境を育む支援になります。

第三に、自治体が国民に取組をアピールすることでふるさと納税を呼びかけ、自治体間の競争が進むこと。

それは、選んでもらうに相応しい、地域のあり方をあらためて考えるきっかけへとつながります。

(総務省ホームページ ふるさと納税の理念より抜粋)

「プロジェクトを応援して支援」における

寄附金の使いみちについて

厚真町が持続可能な地域づくりのために取り組むプロジェクトを、ふるさと納税の寄附金によって応援していただく支援方法です。

皆さまからの寄附金は、プロジェクトを実現するための資金として活用いたします。

ご支援いただいた方には、該当プロジェクトの活動報告をお知らせすることで、プロジェクトの進み具合やどんな価値を作っているのかを共に分かち合います。

また、そのプロジェクトから生み出される産品や体験など、関連性の強いリターン品をお届けすることで、支援いただいた価値を一層体感してもらえるようにします。

「返礼品を申し込んで支援」における

寄附金の使いみちについて

厚真町は、より魅力的な町となるために必要な7つのプロジェクトを立ち上げています。

皆さまにはご寄付の使い道として、応援したいプロジェクトを選んでいただき、課題解決のためにご活用させていただきます。

なお、プロジェクトの進捗状況を厚真町ファンサイト「ATSUMA-NOTE」にてご紹介していますので、ご覧いただけると幸いです。

1.あつま次世代開拓民育成プロジェクト

北海道という大地で希望を抱き厚真町で起業する「次世代開拓民」を育てていくために支援していくプロジェクト。

プロジェクト事業

起業家人材育成事業(ローカルベンチャースクール)、サテライトオフィス運営事業

2.あつまの農業経営者育成プロジェクト

北海道厚真町の基幹産業である農業を100年先まで引き継いでいくために、町内において担い手の育成や最新技術導入をしていくプロジェクト。

プロジェクト事業

起業家人材育成事業(ローカルベンチャースクール)、サテライトオフィス運営事業

3.本気で取り組む放課後プロジェクト

家庭、学校や学習塾でもない第三の教育の場をつくり、放課後軸にした教育の充実を図っていくプロジェクト。

プロジェクト事業

放課後児童クラブ運営事業

4.ママと赤ちゃんの笑顔プロジェクト

安心して子どもを産み育てられる町にしていけるよう、制度や体制の充実を図っていくプロジェクト。

プロジェクト事業

包括支援センター運営事業、子育て支援給付金事業、あつま版ネウボラ

5.いつでもおいでねあつまプロジェクト

北海道厚真町の自然と文化資源を磨き、懐かしくて新しい「みんなのふるさと」づくりをしていくプロジェクト。

プロジェクト事業

古民家移築再生事業、環境保全林散策路整備事業

6.魅力あるまちづくりに活用

魅力あるまちづくり活用するために町長にお任せします。

主な使いみち
  • あつまの次世代を担う子どもと家族への支援
  • あつまの豊かな自然環境を守る取り組み
  • 美しい農村景観づくりと環境保全に関する取り組み
  • まちづくり人材を育む教育環境づくりへの取り組み
  • ふるさとあつまの発展を願う各種地域振興への取り組み

7.誰もが主役のあつま福祉プロジェクト

年齢や性別、障がいの有無に関わらず誰もが活躍できる地域を目指すプロジェクト。

プロジェクト事業

「まちなか交流館しゃべーる」の運営

※まちなか交流館とは、就労継続支援B型事業所、コミュニティカフェ、バス待合所等が一体となった複合型施設です。

「厚真町と暮らす ふるさと納税特設サイト」でのプロジェクト支援は、「ふるさと納税」の寄附としてお取り扱いするため、寄附額のうち2,000円を超える部分が所得税及び住民税から控除されます。

※控除を受けるためには、ふるさと納税をした翌年に、原則、確定申告を行うことが必要です。ただし、確定申告が不要な給与所得者等については、ワンストップ特例制度の手続きを行うことで控除を受けられる場合があります。ふるさと納税の仕組みについて、詳しい内容は
こちら(総務省 ふるさと納税ポータルサイトへ)をご参照ください。